労務監査

労務監査とは

 働き方改革や労働力人口の減少という時代の傾向もあり、今後は労働基準法をはじめとする労働関係緒法令を遵守していくことが求められてきます。

 労務監査というのは、労働関係法違反があるかどうかを確認するものです。改善指導や就業規則の見直しなどとは別に検討しなければなりません。また、労務監査により、すべての問題点が把握できるわけではないことも理解しておく必要があります。

 労務監査の実施にあたっては、社会保険労務士等の専門家に業務委託するのがおすすめです。労務監査は客観的でなければ公正性が担保されているとは言えず、行政機関の調査が入った時に対応ができなくなる可能性があります。

 会社として法令遵守を明確にすることは、自社を守るだけでなく、そこで働く人の意識を高めることにつながります。また会社を客観的に見直し、問題点を洗い出すことは、コスト改善にもつながります。積極的な労務監査の実施を検討し、健全で効果的な経営の指針とする事がお勧めです。