就業規則作成

就業規則とは

就業規則とは、従業員の労働時間・休日・賃金等の労働条件や服務規律などを定めた社内の規則をいいます。

また、法令により労働者が10人以上いる事業所については、就業規則を作成し労働基準監督署へ届け出ることが義務付けられています。

社内のルールを就業規則として明文化し、労働条件や服務規律等を労働者に周知することで労使間トラブルの予防にも繋がるので、就業規則の作成義務がない事業所においても就業規則の完備をお勧めいたします。

就業規則作成・変更までの流れ

 
お問い合わせ

まずは、お電話またはメールにて吉村事務所へお問い合わせ下さい。

打合せ

労働環境や労働条件などを含め、お客様の会社の実態に合った就業規則の内容についての打合せ。

作成・変更作業
お客様とご相談しながら、就業規則の作成・変更作業を当事務所でいたします。
届け出
作成・変更した就業規則をお客様にご確認頂き、労働基準監督署へ届け出ます。
お渡し
労働基準監督署への届け出が終了した就業規則をお渡しします。

就業規則には規定しなければならない事項があり、法改正も多々あります。

法に沿った上でその会社に合った就業規則を作成するには、専門的な知識が必要です。

当事務所では、様々な業種の就業規則作成や変更の実績があり、労働基準監督署からの指摘に対する対応等にも実績があります。
就業規則その他諸規程の作成・変更は、吉村事務所へお任せください。